マンション売却一括査定サイトおすすめランキング!高く売るための方法とは?

マンション売却一括査定サイトおすすめランキング!高く売るための方法とは?

自宅マンションの売却を検討している人のほとんどは、これまで不動産売却の経験がない初心者。

ですから、自宅の価格を調べるために不動産会社の査定を受けたいと思っても、どの会社にお願いするかで迷うのは当然のこと。

このように、価格査定や売却を依頼する不動産会社の候補がない人には、インターネットの「不動産一括査定サイト」がとても便利です。

不動産一括査定サイトは「不動産会社探し」と、複数の不動産会社に査定を依頼する「相見積もりの手続き」が手軽にできる無料サービスサイト。

しかし、不動産一括査定サイトは現在、30以上もの数があり、はじめて利用する人はサイト選びでも迷ってしまうかもしれません。

そこで、このページでは「おすすめの不動産一括査定サイト」をランキングで紹介。

「サイト選びのポイント」や「有効利用するコツ」も掲載していますので、あわせてサイト選びの参考にしてみてください。

はじめに、自宅の売却を検討している人が一括査定サイトを利用するメリットからご紹介します。

不動産一括査定サイトを利用するメリット

「不動産一括査定サイト」を利用する最大のメリットは、手間なく不動産会社探しから相見積もりの手続きまで完了できるということ。

不動産一括査定サイトの使い方はとても簡単です。

サイト指定の入力画面に基本情報を入力するだけで、物件所在地のエリアを管轄している不動産会社をリストで紹介してもらえます。

そして、自宅の価格査定を受けたい場合は、紹介された不動産会社リストの中から好きな会社を選ぶだけ。

このように、不動産一括査定サイトを利用すると、自分で不動産会社を探す手間がなく、複数の不動産会社を選択しても、サイトが一括で査定依頼の手続きをしてくれます。

しかも、これらの便利なサービスは全て無料。

このように、不動産一括査定サイトを利用すると、自分で不動産会社を探す手間がなく、複数の不動産会社を選択しても、サイトが一括で査定依頼の手続きをしてくれます。

ただし、不動産一括査定サイトはどれも同じという訳ではありません。

サイトによって「紹介してもらえる不動産会社」や「利用できるサービス」に違いがあるので要注意。

そのため、どの不動産一括査定サイトを利用するかの選択はとても大事です。

そこで、おすすめの不動産一括査定サイトをご紹介します。

なお、不動産一括査定サイトの使い方やメリット・デメリットについてもっと詳しく知りたいという人は、下記のページを参考にしてください。

一括査定のメリット・デメリット

おすすめの不動産一括査定サイトランキング

数多くの不動産一括査定サイトの中から、人気度や信頼性など、総合的に判断した5つのおすすめサイトをランキングにしてみました。

HOME4U

NTTデータグループが運営する日本初の不動産一括査定サイト。
はじめての人でも安心して利用できる老舗サイトです。

マンション.navi

分譲マンションに特化した一括査定サイト。マンションの売却を検討している人におすすめです。

イエイ

評判の悪い不動産会社を徹底的に排除。
利用者のサポート体制が充実しているサイトです。

4位 すまいValue

すまいValue

三井・住友など、不動産業界トップクラスの6社の直営サイト。大手不動産会社の査定を受けたい人におすすめです。

イエウール

サイト利用者数が急増している注目の不動産一括査定サイト。
大手から地域密着型まで幅広く検討したい人におすすめです。

1位 HOME4U

HOME4U
対象エリア全国
提携不動産会社の数900社
同時査定できる数最大6社
サイト利用者数400万人以上
運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング

「HOME4U」は、2001年に誕生した日本初の不動産一括査定サイトです。

年間利用者数は400万人以上、売却査定数は累計20万件を超えており、査定実績とサイト運営歴では文句なしのトップクラス。

そして「HOME4U」は運営会社も魅力の1つです。

IT業界屈指の「NTTデータグループ」が運営しているサイトなので、個人情報の取り扱いや提携している不動産会社に安心感があります。

また、サイト運営歴15年以上のノウハウと蓄積された査定データの活用により、厳選された不動産会社の中から、売却に適した会社を選んでもらえると評判。

「HOME4U」は、査定実績と個人情報の取り扱いに信頼感があるので、はじめて不動産一括査定サイトを利用する人におすすめのサイトです。

2位 マンション.navi

マンション.navi
対象エリア全国
提携不動産会社の数900社(全国2500店舗)
同時査定できる数最大9社(売却6社・賃貸3社)
サイト利用者数360万人以上
運営会社マンションリサーチ株式会社

「マンションナビ(navi)」は、分譲マンション専門の不動産一括査定サイトです。

分譲マンションに特化しているので、それだけ質の高い価格査定が期待できます。

また、売却査定だけでなく「賃料査定」や「買取り査定」も同時に依頼できるのも「マンションナビ」の魅力の1つ。

とくに、分譲マンションを手放す場合は「賃貸」も有功な選択肢になります。

そこで、自宅を「売却する」か「賃貸に出す」かで迷っている人には「マンションナビ」がおすすめ。

「売却査定」と「賃貸査定」を最大9社まで同時に依頼できるので、各社の査定結果を比較検討すると、どちらにするかの判断がしやすいです。

なお、サイトを運営しているマンションリサーチ株式会社は、不動産のコンサルティングも行っている会社。

そのため、サイトに設置されている「サポートデスク」では、不動産知識が豊富なスタッフが対応してくれるので、サイトのことだけでなく不動産取引に関する相談もできます。

3位 イエイ

イエイ
対象エリア全国
提携不動産会社の数1000社
同時査定できる数最大6社
サイト利用者数400万人以上
運営会社セカイエ株式会社

「イエイ」は2008年に誕生した実績ある不動産一括査定サイトです。

提携している不動産会社の数が多いので、たくさんの不動産会社の中から査定を依頼する会社を選べるのが魅力。

また、利用者の「サポート体制」が整っているのも人気の理由です。

「イエイ」には「イエローカード制度」と「お断り代行システム」という2つの特徴的な制度があります。

「イエローカード制度」とは、クレームや苦情が多く、評判の悪い不動産会社はサイト側から契約解除するという、悪徳業者排除システム。

また「お断り代行システム」とは、しつこい勧誘を行う不動産会社に対して、サイトが代わりに断りを入れてくれる便利な無料サービスです。

さらに「対面面接」もしくは「メール相談」が選べる無料相談サービスもあるので、はじめての不動産売却に不安がある人におすすめのサイトです。

4位 すまいValue

すまいValue
対象エリア全国
提携不動産会社の数6社(全国830店舗)
同時査定できる数最大6社
サイト利用者数10万件以上/年
運営会社三井不動産リアルティ株式会社
住友不動産販売株式会社
野村不動産アーバンネット株式会社
小田急不動産株式会社
東急リバブル株式会社
三菱地所ハウスネット株式会社

「すまいValue」は、不動産業界トップクラスの6社が運営する不動産一括査定サイトです。

このサイトの魅力は何といっても安心感。

大手不動産会社の直営サイトなので、安心・安全に査定を受けることができます。

とくに、不動産業界売上高1位の「三井不動産」は「すまいValue」にしか参加していないので、他のサイトでは査定を受けることができません。

そのため、三井不動産に査定を依頼したい人、大手不動産に限定して一括査定を申し込みたい人には「すまいValue」がおすすめです。

ただし、一括査定サイトといっても、運営会社6社の査定しか受けられません。

ですから、中小規模の不動産会社にも査定を依頼したい人には「すまいValue」と他の一括査定サイトとの併用をおすすめします。

5位 イエウール

イエウール
対象エリア全国
提携不動産会社の数1400社以上
同時査定できる数最大6社
サイト利用者数1,000万人以上
運営会社株式会社Speee

「イエウール」は、2014年に誕生した比較的に運営歴の浅いサイトですが、すでに利用者数が1,000万人を超えている急成長の不動産一括査定サイトです。

提携している不動産会社の数が多いので、大手から地元密着型まで、不動産会社を幅広く検討することができるのが最大の魅力。

そのため「イエウール」は、不動産会社の少ない地域の物件にもおすすめ。

地元に不動産会社が少なくても、売却が有利になる不動産会社が見つかりやすく、自宅を早期に高値で売りやすくなります。

ただし、提携している不動産会社が多い分、しつこい勧誘をおこなうなど、問題のある業者が参加している可能性もあるので要注意。

このサイトには「相談窓口(サポートデスク)」がないので、不動産会社を選ぶときには、会社の評判などを調べてから選択することをおすすめします。

ここまで、おすすめの不動産一括査定サイトをランキングでご紹介しました。
しかし、その他にも不動産一括査定サイトはたくさんあります。

そこで、幅広く検討したい方のために、その他おすすめの不動産一括査定サイトをご紹介します。

不動産一括査定サイト選びに役立つチェックポイント

不動産一括査定サイトを選ぶときは、5つのポイントをチェックすると、自分に合うサイトが見つかりやすくなります。

提携している不動産会社の数

不動産一括査定サイトを選ぶ時には「提携している不動産会社の数」は、必ずチェックしましょう。

なぜなら、登録している不動産会社の数が少なければ、それだけ紹介してもらえる不動産会社の数も少なくなるからです。

そのため、幅広く不動産会社を検討したい人や、不動産会社が少ない地域の物件の場合は、提携数が多いサイトを選んでおくと、不動産会社の選択肢が広がります。

ただし、提携している不動産会社の数が多いサイトは、登録時の審査が甘い可能性があり、他サイトで登録を断られた不動産会社が参加している可能性もあるので注意が必要です。

サイトの利用実績(人気度)

不動産一括査定サイトの利用実績は、1つの「信頼度の証」。
そのため、はじめて不動産一括査定サイトを利用する人には、利用実績が高くて人気のあるサイトを選ぶことをおすすめします。

また、人気のあるサイトは、インターネットに利用者の口コミ評価も多数掲載。

ですから、不動産一括査定サイトの利用に不安がある人は、口コミ評価なども調べておくと、信頼できるサイトが見つかりやすくなります。

運営会社と運営方針の信頼性

また、不動産一括査定サイトを選ぶときは、運営会社のことも調べておくと安心です。

不動産査定サイトの運営会社には、NTTデータやリクルートなどの大手企業やYahooやniftyなどのインターネット関連サービス会社、無名のWeb会社などもあります。

そのため、運営会社もサイトの信頼性を見極める1つのポイント。

ただし、運営会社が無名でも、不動産会社の登録審査が厳しく、評判の悪い不動産会社を徹底排除しているなど、運営方針がきっちりしているサイトもあります。

ですから、不動産一括査定サイトを選ぶときは、サイトの運営方針(サイトポリシー)も要チェック。

とくに、個人情報の取り扱いが気になる方は「プライバシーマーク(Pマーク)」や「SSL/TLS」を採用しているサイトを選んでおくと安心です。

「プライバシーマーク(Pマーク)」とは、個人情報について適切な保護措置を行っている事業者に付与される認定証。

「プライバシーマーク(Pマーク)」とは、個人情報について適切な保護措置を行っている事業者に付与される認定証。

そして「SSL/TLS」は、インターネット上で通信を暗号化して、第三者による盗聴やなりすまし、改ざんなどを防ぎ、ウェブサイトの安全性を守る手段の1つです。

サイト利用の目的

不動産一括査定サイトは利用目的に応じて選ぶ方法もあります。

一般的に、不動産一括査定サイトを利用する人は「自宅の価格を調べたい人」だけではありません。

「信頼できる不動産会社を探している」、「売却か賃貸、どちらにすべきか専門家の意見を聞きたい」など、査定を利用する人の目的はさまざま。

そのため、不動産一括査定サイトは、目的に合わせて選ぶことも大切です。

たとえば、売却か賃貸かで悩んでいる場合は「売却査定」と「賃料査定」の両方が受けられるサイトを選ぶと便利。

なお、賃貸も検討している時は「賃料査定」に特化している一括査定もあるので、不動産一括査定サイトと併用すると、より正確な賃料の査定も受けられます。

相談窓口(サポートデスク)の有無

不動産一括査定サイトを選ぶ時には「相談窓口(サポートデスク)」が設置されているかどうかも確認しておきましょう。

不動産一括査定サイトのなかには、相談窓口を設置していないサイトもあります。

そのため「不動産売却に不安がある人」や「一括査定サイトの利用がはじめての人」には、相談窓口のあるサイトを選んでおくと安心です。

とくに、相談窓口に「不動産売買の知識や経験が豊富なスタッフ」がいるサイトを選んでおくと、不動産取引に関する相談もできるので便利。

また、万が一、紹介された不動産会社からしつこい勧誘などを受けて困ったときは、サイトに報告することもできます。

このように、不動産一括査定サイトは、サイトの人気度だけでなく、査定目的や売却物件に合う査定が受けられるかどうかも確認して選ぶようにしましょう。

そして、自分に合う不動産一括査定サイトが見つかったら、最大限に有効活用しなければなりません。

そこで、不動産一括査定サイトを「有効活用するコツ」をご紹介します。

不動産一括査定サイトを有効活用するコツ

不動産一括査定サイトは、不動産会社探しや査定依頼の手続きが手間なく簡単にできる便利な無料サービスサイトです。

しかし、利用方法を少し工夫するだけで、より有効に活用できるようになります。

そこで、不動産一括査定サイトを有効活用するコツを3つご紹介します。

下記3項目を色枠で囲むなどの装飾をお願いします。

1、「机上査定」と「訪問査定」を上手に活用。
2、「希望欄・質問欄」を有効に活用。
3、タイプの違う一括査定サイトの併用。

それでは、サイトを有効活用する3つのコツを詳しく見てみましょう。

1, 「机上査定」と「訪問査定」を上手に活用。

不動産会社の査定方法には「机上査定」と「訪問査定」の2種類あり、不動産一括査定サイトの中には、希望する査定方法を選択できる場合もあります。

机上査定

机上査定

自宅の住所や間取りなどの基本情報だけで査定金額を算出する「簡易査定」。そのため、不動産会社の社員が自宅に来ることはありません。

訪問査定

訪問査定

訪問査定は、実際に不動産会社の社員が現地に出向いて物件を評価する査定方法。
周辺環境や室内状態など、総合的な物件評価を行うので、実売価格に近い価格査定が受けられます。

そこで、2つの査定方法を上手に利用すると、より現実的な「自宅の価格」がわかり、査定を受けた「不動産会社の信頼性」も自分で判断できるようになります。

「机上査定」と「訪問査定」の活用方法

「机上査定」は、周辺地域の「相場価格」の目安程度の査定でしかありません。

しかし、あらかじめ「机上査定」を受けておくと、訪問査定の査定価格を相場価格と比較できるので、査定価格の信用度がある程度わかります。

ですから、相場からかけ離れた査定価格を提示した不動産会社は「信頼性に問題がある」との判断も可能。

このように「机上査定」を受けておくと、相場感覚が身につくので、査定価格や不動産会社の信ぴょう性を、自身で見極めることができるようになります。

とくに、1度にたくさんの同時査定を希望する人は、各社の査定結果がバラバラでも的確に判断できるように、あらかじめ机上査定を受けておきましょう。

2、「希望欄・質問欄」を有効に活用。

不動産一括査定サイトは24時間、都合の良い時間に利用できるのが魅力の1つ。

そのため「日中は忙しくて不動産会社探しができない」、「近所に知られずに査定を受けたい」など、利用者のなかには何らかの事情がある人もいます。

そこで、活用してほしいのが、入力ページに設定されている「要望欄・質問欄」。

査定を依頼する不動産会社に対して希望や質問がある場合「要望欄・質問欄」に記入しておくと、各社が対応・返答してくれるので便利です。

査定を依頼する不動産会社に対して希望や質問がある場合「要望欄・質問欄」に記入しておくと、各社が対応・返答してくれるので便利です。引用元:土地カツnet

ただし、要望欄や希望欄は「査定を依頼する不動産会社」への伝言欄なので、不動産一括査定サイト運営会社への質問はできません。

不動産一括査定サイトの利用方法などで質問したい場合は、サイト運営事務局もしくはサポートデスクに問い合わせてください。

3、タイプの違う一括査定サイトの併用。

不動産一括査定サイトによって、提携している不動産会社に違いがあります。

そのため、1つのサイトだけでは紹介してもらえない不動産会社も多く、検討の幅が狭くなりがち。

そこで、おすすめしたいのが、タイプの違う一括査定サイトの併用です。

大手を中心に紹介しているサイトと、地域密着型に特化したサイトを併用すると、幅広く不動産会社を検討することができます。

ただし、地域密着型でも個人経営の「街の小さな不動産屋」のほとんどは、不動産一括査定サイトに参加していません。

ですから、大手や中堅の不動産会社は不動産一括査定サイトで探し、地元業者は自分で探すという併用方法も有効。

このように、不動産一括査定サイトを併用すると、不動産会社の選択肢が格段に増えるので、物件の売却が有利になる不動産会社が見つかりやすくなります。

まとめ

ここまで「おすすめの不動産一括査定サイト」や「サイト選びのポイント」、「有効利用するコツ」について見てきました。

はじめて自宅マンションを売却する人のほとんどは、なじみの不動産会社がないので、どの会社に査定や売却を依頼するかで迷うのは当然のこと。

しかし、安易に不動産会社を選択すると、自宅を早く・高く売ることができなくなり、自宅を売却したことを後悔することにもなるかもしれません。

ですから、誰でも手軽に無料で利用できる不動産一括査定サイトを有効活用して、自宅の売却に適した不動産会社を探しましょう。