マンションを高値で売る秘訣!売却前に価格相場を調べる4つのメリット

マンションを高値で売る秘訣!売却前に価格相場を調べる4つのメリット

自宅を売りに出す人ならば、誰でも「自宅がいくらで売れるのか」が心配です。

とくに買い替えを予定している人は、自宅の売却価格がわからないと、資金計画を立てることすらできません。

そこで、自宅の売却予定価格を知りたければ、不動産会社に自宅に来てもらい物件を評価してもらう「訪問査定」を受けるのが一般的。

しかし、訪問査定を受ける前に、売主が「自宅の売却価格の相場」や「中古マンション市場の動向」をあらかじめ調べておくと、売却活動にさまざまなメリットがあるのです。

そこで、売主が不動産会社の訪問査定を受ける前に、売却価格の相場や動向を調べておくメリットと調べ方についてご紹介します。

売主があらかじめ相場や動向を調べておく4つのメリット

売主が不動産会社の訪問査定や仲介相談を行う前に、自宅の相場価格や中古マンションの市場動向を調べておくと、4つのメリットがあります。

1.堅実な売却計画や買い替え計画を早期に立てることができる

堅実な売却計画や買い替え計画を早期に立てることができる

不動産会社に売却価格の訪問査定を依頼する前に、売主が売却価格の相場や動向を知っておくと、早くから堅実な資金計画を立てることができます。

とくに中古マンションの場合、不動産知識がないと築年数だけで売却価格を予想してしまいがち。「うちのマンションはまだ築浅だから、今ならまだ高く売れるはず」と、何の根拠もない予想価格で買い替えを決意してしまう人も多いのです。

しかし、中古マンション市場では売却物件が多いほど価格競争が起こります。逆に売却物件が少なすぎる地域では候補物件が少ないため、物件を探している人からエリア自体が注目されず、売却に苦労することもあるのです。

このように、中古マンションの価格相場や市場動向は、価格競争や人気度などで常に変動します。ですから、根拠のない想像だけで計画を立てるのは非常に危険なのです。

そのため、売却代金で住宅ローンの返済や買い替え予定のある人は、価格相場や市場動向を調べておくと、早い段階から堅実な資金計画を立てることができるようになります。

2.相場価格を知っておくと、不動産会社選びにも役に立ちます

また、売主が相場価格を知っていれば、売却を依頼する不動産会社を選ぶときに、信頼できる不動産会社を選びやすくなります。

相場価格を知っておくと、不動産会社選びにも役に立ちます

なぜなら、複数の不動産会社に訪問査定を依頼すると、誰でも査定価格が最も高い会社を選びがち。しかし、他社よりも高値を付ける不動産会社のなかには、信頼性の低い会社もあります。

そこで、売主が価格相場を知っていると、高値をつけた会社の査定価格が適正であるかが判断できるのです。

もしも他社より査定価格が高くても、相場に近い価格であれば「営業熱心でヤル気のある会社」と言えます。しかし、相場を無視した高値であれば、不動産業界の常識から外れた査定価格なので、会社の信頼性に問題があります。

このように、売主が訪問査定の前に相場価格を調べておくと、査定価格の信頼度が見分けられるので、不動産会社選びにとても役立つのです。

とくに、1~2社にしか訪問査定を受けない場合は、他社との査定価格の比較もしづらいため、必ず事前に相場価格を調べるようにしましょう。

3.査定価格よりも高値で自宅を売り出すことができる

そして、売主があらかじめ価格相場を調べておくと、不動産会社の査定価格よりも高値で自宅を売り出すこともできます。

査定価格よりも高値で自宅を売り出すことができる

なぜなら、売主が相場価格を知っていれば、不動産会社の査定価格が適正な価格であるかを判断できるからです。

査定価格は「不動産会社の売り出し希望価格」。つまり、担当者が営業活動をしやすい価格が設定されています。そのため、場合によっては相場価格よりも低く設定されていることもあるのです。

しかし、売主が価格相場を知らなければ、不動産会社の査定価格を信じてしまいます。

ですから、売主が価格相場を知っておくと、査定価格と相場との「価格差」がわかるので、場合によっては査定価格よりも高値で自宅を売り出すことが可能になるのです。

査定価格よりも高値を付ける場合は、必ず相場価格を考慮しましょう

ただし、不動産会社の査定価格には根拠があります。そのため、査定価格よりも高値を付けることはできても、相場価格を無視した高値は付けられません。

もしも、相場価格を無視した高値で売り出せたとしても、結局、自宅は売れ残ることになります。

ですから、売主が相場価格を知っておくと、査定価格よりも高値で売り出すことを担当者に承諾させやすく、そして、無謀な価格を付けることも防げるのです。

4.後悔のない売却活動が行える

このように、売主が相場価格を調べておくと、早期に資金計画を立てることができるだけでなく、不動産会社選びにも役立ちます。さらに、場合によっては査定価格よりも高値で自宅を売り出すこともできます。

つまり、売主が相場価格や売却動向を知っておくと、売主が自分の意思で売却活動を開始することができるので、売却活動で後悔することが少ないのです。

もしも、売主が相場価格や売却動向を知らなければ、査定価格の高さに惹かれて、信頼度の低い不動産会社に依頼してしまうかもしれません。そして、売主は何の疑問も持たず、相場よりも安い価格で自宅を売ってしまう可能性もあります。

すると、売主は自宅を安値で売ったことに後から気づき「こんなはずじゃなかった」と、売却を後悔することになるのです。

すると、売主は自宅を安値で売ったことに後から気づき「こんなはずじゃなかった」と、売却を後悔することになるのです。

ですから、売主が不動産会社の言いなりにならず、自分の判断で後悔しない売却活動を行うためにも、価格相場や市場動向をあらかじめ調べておきましょう。

では、マンションの相場価格や市場動向はどこで調べることができるのでしょうか?

ここからは、マンションの相場価格や市場動向の調べ方についてご紹介します。

マンションの相場価格や市場動向を調べる方法

自宅の相場価格や市場動向を調べるには「地元の不動産会社に聞く」、「自分で調べる」、「一括査定サイトの机上査定を利用する」3つの方法があります。

そこで、相場や市場動向を調べる3つの方法をそれぞれ見てみましょう。

地元の不動産会社に聞く

地元エリアの中古マンションの相場価格や市場動向を知りたければ、駅前の不動産さんなど、地域密着型の不動産会社に聞くのが一番です。

しかし、地元の不動産屋さんに不用意に売却相場を聞くと、日常で顔を合わせる機会も多いため、売却の仲介を依頼しない場合は断りにくくなります。

また、不動産屋さんに出入りしているところを近所の人に見られる可能性もあり、自宅の売却予定を他人に知られたくない人にはおすすめできません。

そこで、他人に知られたくない人には、自分で価格相場を調べる方法があります。

自分で調べる

マンションの売却相場を自分で簡単に調べる方法は「新聞の折り込み広告」やSUUMO(スーモ)などの「不動産情報サイト」で、自宅に似た物件の価格を調べることです。

近所で売り出されている、築年数や間取りが自宅に近い類似物件の売り出し価格を調べると、売却相場の目安価格がわかります。

しかし、中古マンションの売買には必ず価格交渉があります。そのため、折り込み広告や不動産情報サイトでは、実際にいくらで類似物件が売却されたのかまではわかりません。

そこで、実際に取引された売却価格や地価公示価格など、より専門的な情報が収集できるインターネットサイトをご紹介します。

レインズ・マーケットインフォメーション(REINSMarketInformation)

http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do

「レインズ・マーケットインフォメーション」とは、国土交通省指定の不動産流通機構が運営する不動産流通情報システム。通称「レインズ」と呼ばれています。

「レインズ」は、不動産業界内での物件情報バンクとして利用されているシステム。そのため、基本的には一般には公開されていません。

しかし、一般消費者も不動産の相場を理解して適正な不動産取引を行えるようにするために「レインズ・マーケットインフォメーション」で一部の情報が公開されているのです。

このサイトでは、1年以内に売買が行われたマンションや一戸建て物件の取引事例を公開。沿線や間取り、築年数など、詳細条件で検索することができるので、類似物件の取引事例がとても探しやすいです。

また、検索地域での1年間に取引された「物件の築年数と単価」もグラフで表示。そのため、築年数に対する単価や、どれくらいの築年数のマンションが多く取引されているかなどの動向もわかるのでとても参考になります。

国土交通省 土地総合情報システム【LandGeneralInformationSystem】

http://www.land.mlit.go.jp/webland/

「LandGeneralInformationSystem」は、国土交通省が運営するサイト。

不動産の購入者にアンケート調査を行い、その結果を「実際に行われた取引価格情報」として公開しています。住所や路線、駅名などから類似物件を検索できます。

また、このサイトでは、地価公示や鑑定評価書(※1)、都道府県地価調査(※2)の価格も検索できるので、とくに買い替えで土地付き一戸建てを購入予定の方に役立ちます。


(※1) 地価公示とは、国土交通省の土地鑑定員会が毎年1階、1月1日時点における標準地1平米あたりの地価を公表。適正な土地取引価格の基準に利用されています。
(※2) 都道府県地価調査とは、国土利用計画法施行令第9条にもとづき、都道府県知事が毎年9月下旬に公表する土地評価です。

ただし、折り込み広告や不動産情報サイト、レインズなどで調べる場合、近隣に自宅の類似物件がない場合は参考になりません。

そこで、自分で相場価格が調べにくい場合は、不動産一括査定サイトの「机上査定」の利用をおすすめします。

不動産一括査定サイトの「机上査定」を利用する

近隣に類似物件がなく相場価格がわからないときは、自宅の情報を入力するだけで相場価格の簡易査定が受けられる不動産一括査定サイトの「机上査定」が便利です。

一括査定サイトの「机上査定」を利用すると、複数の不動産会社に自宅の相場価格を査定してもらえるので、査定結果を比較して信頼度の高い目安価格がわかります。

このように、自宅の相場価格や市場動向を調べるには3つの方法があり、売主は自分に合う方法であらかじめ調べておく必要があります。

しかし、はじめて自宅を売却する人のなかには、不動産一括査定サイトを知らない人や、サイトの利用に不安を感じる人もいると思います。

そこで、不動産一括査定サイトの利用方法と主なメリットをご紹介します。

不動産一括査定サイトの利用方法

不動産一括査定サイトは、1度の手続きで複数の不動産会社に同時に査定依頼ができる便利なサイト。

不動産会社が現地調査を行う「訪問査定」と、物件情報だけで価格を見積もる「机上査定」(簡易査定)から、自分が受けたい査定方法を選ぶことができます。

そして、自宅マンションの相場価格を知りたい場合は「机上査定」(簡易査定)を選択。

自宅の住所や間取りなどの物件情報を入力すると、所在地エリアを得意とする不動産会社一覧が画面表示されます。

あとは、不動産会社一覧のなかから、査定を受けたい会社を自分で最大6社選ぶだけ。

なお、査定の結果はメールか電話での回答になりますが、不動産会社によっては、当日に回答してくれるところもあります。

もしも「電話NG」など、回答方法に指定がある場合は、入力画面の要望欄に記入しておくと良いでしょう。

このように、不動産一括査定サイトは手続きがとても簡単で便利。さらに、自宅の売却活動にもメリットがあります。

このように、不動産一括査定サイトは手続きがとても簡単で便利。さらに、自宅の売却活動にもメリットがあります。

不動産一括査定サイトで「机上査定」を利用する4つのメリット

一括査定サイトを利用して机上査定を受けると、自宅の売却活動に4つのメリットがあります。

1.自分で不動産会社を探す手間が不要

一括査定サイトに物件情報を入力すると、自宅の売却に適した不動産会社の一覧が紹介されるので、自分で査定を受ける会社を探す手間がありません。

2.タイプの違う不動産会社に同時に査定依頼ができる

また、紹介された不動産会社一覧の中から、複数の会社に査定依頼ができるので、大手と地元密着型など、タイプの違う不動産会社に査定を依頼しやすいです。

3.複数の不動産会社の査定結果を比較できる

一括査定サイトから複数の会社に査定を依頼すると、各社の査定結果を比較できるので、より信頼度の高い相場価格を知ることができます。

4.訪問査定を受ける不動産会社選びに役立つ

机上査定で相場を調べた後は、自宅の売却を依頼する不動産会社を決めるため「訪問査定」を受けます。そのため、訪問査定を受ける不動産会社を探す必要があるのです。

しかし、一括査定サイトで机上査定を受けておくと、机上査定の回答が早い会社や、電話での担当者の印象が良かった会社などがわかります。すると、訪問査定を受ける不動産会社選びの参考になるのです。

このように、不動産一括査定サイトは、自宅の相場価格がわかるだけでなく、訪問査定を受ける不動産会社選びに役立つなど、売却活動にも様々なメリットがあります。

おすすめの不動産一括査定サイト

ここまでの説明で、自宅の相場価格や市場動向を調べる必要性についてご紹介してきました。そして、不動産一括査定サイトを利用すると、さらに自宅の売却活動にメリットがあることもご理解いただけたと思います。

しかし、不動産一括査定サイトは数多くあり、はじめて自宅を売却する人は、どのサイトを利用するかで迷ってしまうかもしれません。

そこで、中古マンションの売却に役立つ人気の一括査定サイトをご紹介します。

HOME4U(ホームフォーユー)

「HOME4U」は、2001年に誕生した国内初で日本最大級の不動産一括査定サイト。
一括査定の利用者がNO.1のサイトで、年間約400万人もの利用があります。

当サイトおすすめの一括査定サイト『 HOME4U 』

このサイトの最大の特徴は「安心感」。NTTグループが運営しているサイトなので、個人情報の管理が徹底しています。

また、サイトに登録されている不動産会社も、独自の厳しい基準で厳選されており、実績のある全国約900社の中から、自宅の売却に適した会社を紹介してもらえます。

最大6社まで自分で査定を受けたい会社が選べるので、大手不動産会社と地元密着型など、様々なタイプの不動産会社に査定依頼してみてください。

はじめて不動産一括査定サイトを利用する人や、一括査定サイトに不安感がある人におすすめできる老舗サイトです。

HOME4Uの一括査定申し込みはこちら

マンション.navi(マンションナビ)

「マンション.navi」は、サイト名でもわかるように、中古マンションに特化した一括査定サイト。年間利用者数360万人の利用があり知名度も高いです。

当サイトおすすめの一括査定サイト『 マンションナビ 』

このサイトの特徴は、売却と賃貸の査定が同時にできるということ。売却6社と賃貸3社の最大9社の査定を同時に受けることができるので、転勤などの理由で自宅を売却すべきか賃貸するべきかで悩んでいる人にはとても便利です。

また、全国2,500店舗もの登録があるので、他の一括査定サイトでは紹介してもらえない、地元密着型の小さな不動産会社も紹介してもらえます。

中古マンション専門の一括査定サイトなので、マンションの売却を検討中の人は、ぜひ利用してみてください。

マンションナビの一括査定申し込みはこちら